FC2ブログ

わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

ただしい日本語

2006/07/26Wed 22:17

私がうっかり病に伏せっている間に、子供たちの言語に乱れが起こっていた。


「ハカバ、はかば、はっかっばーっ!」と、腰を低くし手を上に上げて、阿波踊りのような格好をしながら踊り歩く男の子たち...。


なに?ハカバ?はかば...墓場っ!!!?


原因はやっぱり私の母、せっちゃん。


どうやら子供たちをお墓参りに連れて行ったらしい。


でもどうしてそれが「墓場」になるのかは...謎だ。


他にもせっちゃんはいろいろとやってくれる。


「ナオちゃんその服、ナウーイ!


な、な...ナウイ!?ありえないでしょ、平成の世に!!


しかもそれを注意すると、


「セイたんもリョウタ坊も、イカシテルー!


と来た!


あああっ、もうだめだ。


こうして子供たちのまだ少ない語彙の中に「ナウイ」はしっかり定着してしまったのである...。
スポンサーサイト



ページのトップへ