わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

スポンサーサイト

--/--/---- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページのトップへ

恐怖の遠出 <その1>

2006/10/31Tue 21:52

土曜の朝、出勤前の夫がつぶやいた。


「遠くへ行きたい...」


で、行くことになった。目的地は埼玉の妹夫婦のマンション!


とりあえず妹には電話でオッケーをとって、夜、子供たちを風呂に入れてから出発。


しかし、いきなり東名でリョウタ坊が夜泣き!


狭い車内に響く、こちらの神経を逆なでする子供の絶叫...これ、経験した人には分かると思うけど、殺意を抱くのに充分な要素ですよ...。


夫:「頼む。なんとかしてくれ」


私:「無理。あきらめて」


車内はものすごーい、険悪なムード。早くも遠出を後悔し始める私たち...。


渋滞がなかったのがせめてもの救い。


3時間かからずに到着したはいいけれど、結局、ついた時点で3人とも起きちゃって、boysは一晩中夜泣き。


ああ、もう今から帰ることもできないし。


「どうしたらいい?」と尋ねる妹に、「放っておいていいから...」と答えるのが精一杯の私たち夫婦でした。


20061031215110.jpg



<翌朝のセイたん。リョウタ坊を足蹴にしていじめてる!>
スポンサーサイト
ページのトップへ

三つ子のこぶた

2006/10/27Fri 23:45

子供たちは最近ようやく絵本に興味を持ってきた。


ウチの市では生後6ヶ月になると、「ファーストブック」といって本を2冊プレゼントしてくれます。


その本を、2歳5ヶ月にしてようやく楽しみ始めた三つ子たち。


「いないいないばあ」を、今、喜んで見てます...。


とまあ、モノへの関心興味は個人差があるしね!ピグマリオン効果だってすべてに当てはまるワケじゃないし!と、前向きな私。


この機会に、だんだんと絵本好きになってくれればいいなあと、私自身もやる気を出してネット検索!(←本屋に行く時間がない私は、Amazonがかかせない)


そこで、こんな絵本をみつけました。


『こぶたほいくえん』『三つ子のこぶた』


20061027234601.jpg



三つ子のこぶたに手を焼いた両親が、こぶたたちを保育園に入れるお話。こぶたたちは初めての保育園で泣き出したり、かけっこに夢中になったり。


埼玉の妹は、この絵本のこぶたたちの名前をウチの三人に代えて、実に面白おかしく脚色しながら、子供たちに読んでくれます。


ウチも来年は入れれば保育園にお世話になりたいと思っているので、なかなか心強い一冊ですよ♪
ページのトップへ

イジケ虫セイたん

2006/10/25Wed 22:09

総領の甚六ってことばがあるけれど、ウチのセイたんの場合はちょっと違う。


どちらかというとやんちゃなイジケ虫!?なのである。


ちょっと思い通りにならなかったり、きつく注意したりすると、とたんにイジケる。


そてはもう、絵に描いたように激しくイジケる!


20061025221119.jpg

玄関で三輪車争奪戦に敗れてイジケるせいたん...。


20061025221019.jpg

食事中、お行儀の悪さを注意されイジケるセイたん...。


さらにセイたんのすごいところは、自虐行為をするのである!


這いつくばって床におでこを打ちつけたり、壁に向かって両手をついて頭を打ちつける。


なのでおでこは傷だらけ...(泣)。
20061025221200.jpg



私:「これ、私が虐待したって思われないかな...」


妹:「大丈夫、私が証言してあげるよ...信じてもらえるかわからなけど」


まだ思春期にもなってないのに、息子の扱いにとまどう私。


セイたんのマネをして、ナオ嬢やリョウタ坊が、笑いながら壁に頭をぶつけているのを見ると、思わず自分も参加したくなってくる今日この頃です...。
ページのトップへ

これも、仲良し!?

2006/10/24Tue 00:01

最近、子供たちは、自分やお互いを名前で呼ぶようになった。


「ナオちゃーん、こっち」 「リョウタ、ダメねえ」 「セイたんも、セイたんもー!」とか。


なかでも、リョウタ坊はナオ嬢に、よくちょっかいを出す。


で、気づくとなんだかとっても仲良しな二人。


20061023235019.jpg

セイたんはそんな二人を無視してTVに夢中。


さらにじゃれあうリョウタ坊とナオ嬢!!


20061023235242.jpg



でも、ここだけの話、ナオ嬢はリョウタ坊とセイたんの区別がついてません...。


セイたんと一緒にいても、「セイたん、いないねえ~」って言うし、セイたんに向かって「ハイ、リョウタ!」って帽子を渡したりする。


おなかの中からずっと一緒にいるのにね...。ナオ嬢にとってはどっちがどっちでもいいのか?


親としてはちょっと複雑であり、ちょっと心配でもあるんだけど。


早く、セイたんとリョウタ坊の見分けがつくようになるといいねえ、ナオ嬢!
ページのトップへ

ブログ1周年!!

2006/10/23Mon 14:18

気づくと、ブログ開始から1年が過ぎていました。


いやあ、早いものです。


あの頃、よたよた歩いていた子供たちが、今は走って転げまわってる...大きな進歩です。(←ちょっと感慨深い。)


その1周年にちょうどいい、記念すべきものをいただきました。




子供たちの看板!!


夫の後輩さんが作ってくれました。


最初に出した希望案は、「子供の飛び出しに注意して欲しい」という「飛び出し注意」の看板だったのですが、できあがってみると、



20061022202234.jpg



三つ子注意!?


近所でも結構、評判いいです。


子供たちの似顔絵も似てる...!!


この看板を見かけたら、ぜひウチに寄って下さい。三つ子を見ながらお茶の一杯もいかがですか?
ページのトップへ

今度は食中毒♪

2006/10/22Sun 20:03

お葬式とか法事って、その土地ごとにやり方が違うので、なかなか対応が難しい。


ウチのおじいちゃんは、お葬式の時に一緒に初七日のお経も上げてもらいました。


母方の祖母は、お葬式の時に三十五日をやって、初七日はまた別におこないました。


なんか順番がめちゃくちゃな気が...?


でもまあ、気を取り直して母方の祖母の初七日へ行ってきました。


お経の後、お寿司やらおご馳走がだされました。両親も私も子供たちも、美味しくいただきました。


が、どうやらソレが当たったようです。


母の実家から連絡があり、実家は全滅らしい...親戚もチラホラ体調不良者が出てるらしい...。


ウチもどうやら、父とセイたんがひっかかっちゃいました。


セイたん、熱と嘔吐がひどいです。風邪かなあ、と思ったりもしたのですが、原因は初七日か!?


そんなわけで、まだまだ落ち着かない我が家でした。
ページのトップへ

ふぅ...

2006/10/19Thu 00:00

ちょっと息切れしている我が家です...。


祖父のお葬式が無事済んだ3日後に、今度は母方の祖母が亡くなりました。


こういう事って、もうなんて言っていいのやら...。


今、我が家は線香の香りをしのぐほど、花があふれてます。菊、百合、蘭にその他いろいろ...地味な花屋ができそうな感じ。


私の両親は、寝る間もない10月です。


夫も会社を連休。


子供たちはといいますと、非日常が続いたため、もうやりたい放題。


しかたないんですけどね。
お通夜は夜に行われるモノだし。お葬式は人が大勢集まるモノだし。食べ物もいっぱいあるワケだし。


でも子供たちがいるおかげで、なんとか崩れずにすんでます。


大人だけだったら、そうじも食事もお風呂もいい加減になっちゃうからね。


はやく日常に戻れるようしっかりしなくては!


子供たちを見習ってがんばります。
ページのトップへ

ナオ嬢、髪を切る!

2006/10/13Fri 21:39

ナオ嬢、髪を切りました。


ナオ嬢の髪はいつも私がしばっていましたが、引っ張ったり絡まったりで、いつも抜けてばかり...。


薄くて細いナオ嬢の髪に申し訳ないので、せっちゃんにバッサリおかっぱにしてもらいました!


意外と好評です。ちょっとお姉さんになった感じ?


ただ前髪だけは、私の好みでどうしても伸ばしたいので、ナオ嬢に頑張ってもらいます!


20061013214118.jpg

<短くなった髪を振って、その感触を楽しむナオ嬢>
ページのトップへ

子猫騒動

2006/10/12Thu 20:47

それは、祖父の通夜の日。朝、父とリョウタ坊が散歩に行くと、川から子猫の鳴き声がしたらしい。


探してみたけれど、みつからない。川は大きくて橋から下まで3~4mはある。


そして夕方、もう一度行ってみるとどうやらまだ泣いている。


そこで、通夜に駆けつけた妹たちの旦那様方が、川まで降りて探し出してくれました。


(それはちょっとした大騒ぎ!近所のおばさんははしごを持ってくるし、派出所から警官は来るし...。)


ようやく救出された子猫は本当に小さくて、近所のおばさんにたくされました。


そしてその晩の通夜で、おばさんが、


「一晩おくと情がが移るから、市役所に引き取ってもらったのよ」


と言うではないか!!


結局、その晩も翌昼も葬儀で身動きができず、市役所に電話をかけられたのが夕方の4時。


「今日、保健所に渡しました」と。


こんな時だけ、仕事が速いお役所。


保健所に連絡すると、


「今来れば引き渡すけど明日はどうなるか分からない」と、これまた冷淡。
「ここ(保健所)は5時まで。待っても5時15分。」
この時点ですでに4時半。


妹が喪服を脱いで、急いで救出に行きました。ギリギリセーフ。


とりあえず、明日、病院に連れて行って病気等の検査をしてから、飼い主を捜そうということに。






そして翌朝...子猫、逃げちゃってました...。


なんだか大騒ぎして救出活動したのに、実にあっけない幕切れで。


どうにか元気でいてほしいなあと、切に思う喪中一家です。
ページのトップへ

リョウタ坊、完治!

2006/10/12Thu 20:26

今日、リョウタ坊は耳鼻科へ行き、ようやく中耳炎が完治しました。


リョウタ坊の発熱・中耳炎から完治に至るまで、我が家は実に大忙しでした。


同時期に発熱したセイたんはすぐに治りましたが、入院していた祖父が亡くなり、昨日葬儀を終えました。


お通夜もお葬式も、三つ子パワーは健在で、私はヒヤヒヤのしっぱなし。


でも、亡くなった祖父(89歳)は、ひ孫である三つ子たちを本当に良くかわいがってくれていたので、(それこそ入院する直前までおぶったり、散歩に連れてってくれていました)子供たちも、最後のお別れができて良かったと思います。


そんな祖父が子供たちを抱っこしながら語りかけていた言葉があります。




「じいちゃんは頭は悪いけんど、正直にやってきた。だからおまえたちも、人の役に立つひとになれよ。正直にやっとくんな。」




そんなわけで私の育児目標は、祖父の遺言である「人の役に立つ、正直な子に育てる」です。


・・・おじいちゃん、コレ、結構難しいよ?

20061012225758.jpg

<ひと月前の祖父。子供たちのお絵かきを手伝ってくれました>
ページのトップへ

苦しみの連鎖【夫書き込み】

2006/10/04Wed 07:21

【夫書き込み】
前回の続き・・・


そして、結局妻もダウン。いわく、
「のどが痛くて起きられない・・・」
意味は分からないけど、つらいのは分かる。
しかし、仕事に行かないわけにもいかない。
そこで、代打の切り札、妻の妹が参上。
会社を休んで、子供の面倒を見てもらうことに・・・。


で、親が具合悪いよーといっている間に、子供たちは
全快に。
どたばたとはしゃぎ回る三つ子の横で、うずくまる親たち
なのでした・・・。


20061004072019.jpg

文とは関係ないけど、カエルと子供たち。
ページのトップへ

か、家庭崩壊!?

2006/10/02Mon 21:46

家族の体調が大きく育児を左右する...そんな恐ろしい状態がまた起こってしまった我が家。

ことの発端は、リョウタ坊。

お昼寝から目覚めたらめちゃめちゃ具合悪そう。なんと熱が、39.2度!!しかも耳から汁が出てるー!!

かかりつけの医者に行ったら、「即、耳鼻科へ!」と。

中耳炎でした...。

さらに翌日、祖父が肺炎で入院。育児のメイン、祖母も付き添いで病院へ。

なのに今度はセイたんがいきなり嘔吐!熱を測ったらまたまた39度!!

両親は仕事。夫も仕事。動けるのは私とナオ嬢(2歳)だけ!

ナオ嬢にリョウタ坊の看護を頼むのはムリなので、夫を会社から強制帰還。

ふう、と一息ついたらなんだか私ものどが痛い...。

半泣きしながら週末を過ごし、そして今日。夫から、

「具合が悪くて運転できない...できれば迎えに...」

と、SOS!!

ねえ、どうなる?我が家...乞う、ご期待!!
ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。