FC2ブログ

わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

3年前の思い出 ~わくわく妊婦時代 3~

2007/05/24Thu 23:17

普段の生活から、私はほとんどTVを見ない。


ニュースや天気予報はネットで見られるし、若い頃と違ってドラマやバラエティ番組にそれほど執着もない。


あっ、でも好きな漫画のアニメを深夜に見たり、DVD鑑賞はするけど...それもほとんど夫と一緒に、だ。


1人だと、全くTVは必要ない。そんなわけで入院中の約2ヶ月、1度もTVを見なかった。


なので、他の人がTVを見るであろう時間の全てが、読書と空想(妄想!?)に費やされました。


最初は家にある自分の本を持ってきてもらっていましたが、次第に夫や友人が、「これ、面白そうだよ」と差し入れしてくれるように...。


また、本の特集を載せている雑誌を読んで、面白そうなのを買ってきてもらったりしました。


けれど、そのほとんどが小説やエッセイ。赤ちゃん関係の本は1冊だけしか読みませんでした。
http://minneko.blog24.fc2.com/blog-date-20070121.html


本来だったら、私は知りたがり屋の突き詰め派タイプ。なので、妊娠・出産関係の本を端から乱読したであろうはず、だったのですが...「たまひよ」さえ読みませんでした。


本っ当に、怯えたいたんだと思います。子供たちが無事生まれてくるかどうか。


なので、よけいな情報を得て不安になるより、先の楽しいことを想像して乗りきってました(笑)。


あの時は、ネガティブな私がよく頑張ったと自分を褒めてあげたいです...そして、一番母親らしかったんじゃないかな?


今はもう...ねえ?ごらんの通りですから(笑)。


ところがどっこい、私の努力をあざ笑うかのように、点滴ウテメリンの数値はどんどん上がって行き、ついに最終兵器?マグネゾールが加えられることに!!


これが付いたら崖っぷち妊婦!


いったいどうなる?自分っ!!


 つづく
スポンサーサイト



ページのトップへ

3年前の思い出 ~わくわく妊婦時代 2~

2007/05/24Thu 00:53

ウテメリンの点滴を始めたその晩、なんかイヤ~な夢を見ました。


嫌な夢、というのは覚えているのですが、気がついたときは、ぼろぼろ泣きながら頭から袋をかぶっていました(笑)。


どうやら、薬の副作用からか、知らぬ間に過呼吸になったらしい...。


看護婦さんが必死に私を呼んでいるので、とてもびっくりしたのを覚えています。


同室の方がナースコールを押してくださったのだそうです。本当に助かりました。


同室の妊婦さん3人は、最初誰かの陣痛が始まったかと思ったそうです(笑)。


でもそれをきっかけに、お部屋の方たちと仲良くなり、いろいろ教えていただきました。


まず、私のはいている健康サンダルがまずいよ...とか。


「足の裏刺激したら、生まれちゃうよ~」と言われ、ソッコーで普通スリッパにした私。


さらに、点滴の上手い先生から下手な先生の情報とか。


点滴の針は、基本的には週に1回の差し替え。でも液が漏れたり、上手く刺さってないと、すぐに差し替えになって腕が穴だらけに...。


なので、上手い先生の時にお願いして差し替えてもらうわけですよ。


でも先生と(自分の)血管との相性もあるので、私はこの先生ならオッケー♪というのを見極めるまでが大変でした。


しかしそのうちに、食事までもが妊娠中毒症回避食に!!(普通食よりさらに質素なメニュー)


毎日寝たきり、食事もシンプル...やれやれ。


三つ子たちよ、はやく大きく育っておくれ~と願いつつ、不安を遠ざける唯一の楽しみは、夫が差し入れてくれる本たちでした。


 つづく
ページのトップへ