わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

クッキーを焼きたいっ!!

2007/06/30Sat 00:55

今の私の欲求は、


「クッキーを焼きたいっ!!」


お菓子作りの本は何冊もある、コツコツ集めたクッキー型だって20コは超えている。


美味しい紅茶をいれて、焼きたてのクッキーを食べたいんだよ、私は!!


そう思って、台所...じゃなくて、キッチン!!そう、キッチンをウロウロするんだけど、


やっぱり、我が家にはオーブンレンジがない...。


フライパンじゃクッキーは焼けないよな~、と思いつつ、最後にクッキーを作ったのはいつだったか考えた。


あれは確か...


1994年のクリスマスだった!!


10年以上も前の、しかも前世紀じゃん...。


あの時作ったのも、遊びに来ていた大学の友人と2人で、すること無いから、クッキー作ったんだよな...しかもイブに(笑)。


で、当然、上手くできなくて、家族からもクレームが来て、


「固いけど、香ばしいよね?」


と言いながら、2人で食べたんだった...。


うん、明日晴れたらドライブがてら、子供たち連れてクッキー買いに行こうかな?


・・・っていうか、私、クッキーを焼きたいんじゃなくて、食べたかったんだ!!


なんか気持ちがスッキリしてよかったです♪



ページのトップへ

本日の3人。

2007/06/30Sat 00:29

会社から帰ると相変わらず、にぎやかな我が家。


子供たちは、外で遊べない鬱憤を家の中で見事に発散していますよ。


こだわり屋のナオ嬢は、ショッピングカートにどうやってトラさんを乗せるか試行錯誤。


20070630001437.jpg

<トラさん、ちゃんと乗っかって~>


で、勢いよく走り出したショッピングカートを見ると...


20070630001452.jpg



トラさん、前向きっ!?


ナオ嬢とトラさん、同じ風を体験していましたよ(笑)。


さて、セイたんとリョウタ坊は、DVDに合わせて...


20070630001511.jpg

<大きいわっ!!>


そして...


20070630001501.jpg

<小さいわっ!!>


このお歌だけ、元気よく振り付けて歌います。


NHKおかあさんといっしょ 最新ソングブック いっしょにつくったら NHKおかあさんといっしょ 最新ソングブック いっしょにつくったら
今井ゆうぞう、はいだしょうこ 他 (2006/04/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る



このDVDは、買った当時よりも今の方が活躍しています。


きっと保育園に行くようになって、お遊戯を覚えたんですね。


まあ、おとなしく遊んでいたのはこの時だけで、あとはいつものように奪い合いのケンカをして、大騒ぎな3人でした(笑)。



ページのトップへ

思い出してみよう!~子供たち保育器時代 2~

2007/06/28Thu 22:48

生まれたときは、3人ともギリギリ1000g。


でも、4日後に体重を知らされたときは、800gにまで落ちていました。


800gって...。


車椅子で連れて行ってもらい、改めて子供たちに対面したときは、申しわけなくて、ただただ泣けました。


もう少し、あともう少しお腹にいさせてあげたら...と、一番良くない後悔をし、自分に腹が立ちました。


そんな時、子供たちを担当してくれているNICUの看護婦さんには、本当に助けられました。


一番うれしかったことは、子供たちのことを、


「かわいい」


と、言ってくれたこと。


あまりにも小さくて、息をしているのが不思議なくらいの子供たちを、私は「かわいい」と思うゆとりもありませんでした。母親なのに...。


うちのかわいいナオ嬢、かわいいリョウタ坊、かわいいセイたん。


そう思うようになってからは、毎日増える体重を励みに子供たちに会いに行きました。


当時の面会日記を見ると、


「6月7日(月)雨。 体重2gアップ。1時間かけて、19cc のミルクを飲んでいる。ミルクの量がだいぶ増えた!」


と、まあ、実に小さな小さな数字に大喜びしている自分(笑)。


あの頃は2gで育児の幸せを味わっていたんですねえ。


生まれてから1ヶ月ちょっと。保育器の中の1700gくらいの子供たちです。


seigo.jpg

<セイたん!ちっちゃいパンパースのオムツつけてます。何を見てるのかな~?>


ryota.jpg

<リョウタ坊!おしゃぶりの練習中に寝ちゃったみたい>


nao.jpg

<ナオ嬢!頭をいい子いい子したら、お目々を開けてくれました>


保育器の中で一人でもお利口に頑張った3人。


今の甘えん坊、泣き虫、癇癪さんは、その反動かっ!?


それならば...まあ、しかたない...かな?


こんなふうに昔を振り返ると、子供たちにちょっぴり寛大になれる自分でした。
ページのトップへ

我が家のお仕置き場所!?

2007/06/27Wed 20:48

夕食時にナオ嬢が、グズっていたときのこと。


リョウタ坊がいきなり、


「ものおき行くかっ?おんもでるかっ?」(訳:「物置に行くか?お外に出されるか?」)


と言った。


ふだん、大泣きして怒られるのはもっぱら男の子たち。


で、散々言っても聞かない場合、朝だったら「お風呂場」へ。夕方だったら外の「物置」に入れられてしまうんです。


それをしっかり覚えているリョウタ坊!


だからナオ嬢にも、忠告したんですね(笑)。


・・・でも頼むから、保育園ではあまり言わないようにね~。


まあ、怒られてお仕置き部屋に入れられても、必ず家族の誰かが救出に行くので大丈夫♪


家族が多くて助かっている出来事のひとつですね。




ページのトップへ

ナオ嬢のあそび

2007/06/27Wed 00:14

最近のナオ嬢のお気に入りは...↓こちら!!


20070627000130.jpg

<フェルトで作られたお人形♪>


これらは埼玉のともサンのママさんが作ってくださったもの。


いろとりどりの動物さんたち。なんと...


20070627000449.jpg

<ウィンク!?にゃんこさん!>


お目々がボタンになっているんです!


ナオ嬢、ひとりで、


「はい、起っきしてー」と、ボタンをはめたり...


「はい、寝んね」と、ボタンを外したりして遊んでいます。


かわいいうえに、ボタンかけの練習にもなる動物さん!


リョウタ坊やセイたんは、せっかくナオ嬢が起こした(ボタンをかけた)動物さんを、寝んねさせちゃう(ボタンをはずしちゃう)意地悪ばかり...。


・・・男の子はこれだから、困ります(苦笑)。


でも3人で夢中になってやっている様子は、見ていて微笑ましいですよ。


ともサンのママさん、いつも素敵な手作りおもちゃを、本当にありがとうございます!!
ページのトップへ

セイたんの病気

2007/06/26Tue 23:32

実は日曜から、咳が止まらなかったセイたん。


病院で検査してもらったら、「マイコプラズマ肺炎」といわれました。
http://www.nsknet.or.jp/~katoh/PAP.html


咳以外は熱もなく、比較的元気なセイたんですが、やっぱり本調子ではありません。


月曜から保育園はお休みし、お家でおとなしくしています。


この肺炎、咳が本当にひどいです。夜は吸引しても、なかなか治まらず眠れません。


食事も咳で、すぐもどしてしまいます。


頑張れセイたん!!


私もお昼休みに帰宅して、セイたんに吸引をしています。(職場が近くて助かります...。)


やっっぱり、セイたんは腕白でも元気な方がいい!


しみじみと、そう思いました。


リョウタ坊とナオ嬢も、セイたんが病気だと理解しているようです。


が、すぐに喧嘩をします...orz。


病人が居ても、結局のところ、いつも通りの大騒ぎな我が家でした(笑)。

ページのトップへ

半期に一度、アルバム大作戦!!

2007/06/25Mon 23:09

子供たちが生まれた時にたてた誓いの一つ、


アルバムは3人平等に!!


コレを実行する時期がまたやって来ました。


半期に一度のアルバム大作戦!!今回は...


総枚数 2,461枚 (金額にして2万円!)


そう、この時期(賞与時期)でないと実行不可能な作戦なワケです。


↓今回もいつものネットのお店で、1枚8円で現像しました。安い!
http://www.digipnet.com/index.phtml


ええと、これから毎夜コツコツと、2,461枚を3人それぞれに振り分け、日付順に並び替えて、それぞれのアルバムに貼っていく孤独な作業が始まるわけですよ。


20070624231657.jpg

<本棚にあるアルバム。左半分が作成済み、右半分が未使用の物>


白いアルバムがセイたん、青がリョウタ坊、赤がナオ嬢のです。


20070624231912.jpg

<箱で届いた写真...結構な重です(笑)。>


箱から出してみると、


20070624231901.jpg

<・・・うん、たくさんあるね...。>


ビニールの袋を開けるのをためらうくらい、あります(笑)。


さて、いつから始めようかな~?と、ちょっと逃げ腰な私でした。



ページのトップへ

思い出してみよう!~子供たち保育器時代 1~

2007/06/25Mon 00:01

最近、ちょっと子供たちにイライラすることが増えている私。


コレではいかん!ということで...


思い出してみよう!子供たちの保育器時代!!


辛いときのこと、頑張っていたときのことを思い出せば、またきっと子供たちと上手くやっていけるさ♪


・・・というわけで、



平成16年6月。子供たちをNICUに残して、先に私が退院。


で、まずやったのが、


車の買い替え(笑)!!


今まで10年乗っていたセダンのミッション車から、軽自動車に替えました。


理由1、筋肉の落ちた足で、ミッション車はきつかったコト。
    (子供たちの居る病院までは、車で1時間。)


理由2、その車ではチャイルドシート3つはきつかったコト。


理由3、軽自動車は維持費が安い。


入院していた際の保険代と親からの借金で、当時室内の広さをウリにしていたタントを購入しました。(ホントはラパンがかわいかったのよ。でも、ちょっと狭かったの...。)


いやあ、タントは広いですよ!チャイルド3つ楽々乗ります。タントにしてホント正解でした。


内装も子供仕様の防水カバーに、クマさんと羊さんのヘッドカバーにしたし(笑)。


自分がまだ、立ったり座ったり出来ないうちは、夫に母乳を運んでもらいましたが、普通に歩けるようになった頃、いよいよタントで出陣!


そのころにはすっかり梅雨も明けて、暑い夏になっていました。




ページのトップへ

念願の...。

2007/06/24Sun 21:17

土曜日、ついに念願の「過労でダウン!」をしてみました。


これで、堂々と白旗を振って育児離脱宣言ができる、と思ったら...


私以外みんな仕事じゃん!!(祖母84歳除く)


うう、私も会社に行きたい~!(←どれだけ会社が好きなんだろう?私...。)


なんだか良く原因がわからない微熱。普段はめったに起きない頭痛。固まりかけたセメントのような全身を覆うダルさ。


子供の騒ぎ声も応えるけど、自分の鼓動がこめかみに響く方が遥かに辛い。


キツイ、念願の過労(ストレス?)だが育児と同じくらいにキツイ。


もうダメだと思い、ついに会社にいる夫にSOS。(←ヒトは私を悪妻と言う...。) 


で、結局夫に子供たちの面倒を見てもらい、私は寝込んだわけですが、やっぱりというかなんというか、寝た気がしない!!(←苦しんでるからね...。)


体調を崩して初めてわかる、健康のありがたさです。(あと夫のありがたさも!)


この次はきちんと夫と話し合い、体調不良でなく、心身共に健康で半日ごろごろ寝られる権利を得ようと思います!



ページのトップへ

子供に悪気はなくっても...。

2007/06/22Fri 00:31

発熱・咳きが、ようやく落ち着いたかな~と思った頃、やってくる、そう、


夜泣き!!


男の子たちの夜泣き、再び!です(笑)。


なんでかな~?なんでなくのかな?という、このごく基本的な謎に苦しめられている私です。


昨夜のリョウタ坊。


20070622001839.jpg



あまりに激しく泣くので、他の2人が起きないように廊下に出されてしまいました。


目をつぶったまま、「えうえうえうえうあうーっ!」と泣き続けます。


何を言っても尋ねても、「えうえうえうえうあうーっ!」(苦笑)。


そのうち、


20070622002104.jpg



両手をばんばん振って、激しく怒り始めます...。


半分以上眠ってるし、何より子供自身も辛そうなので、叱りたくはないんですが、あまりにもこの状態が続くとお手上げです。


しかたないので、ほっぺをピシャピシャ叩いて起こします。


一瞬、正気にもどりますが、すぐまた泣き始めるリョウタ坊。


泣きたいのは母ちゃんなんだよ~、と思いつつリョウタ坊に付き合う私でした。




おお、今夜も泣き声が聞こえてきましたよ(笑)。


さて、今夜はセイたんの番かな?では、行ってきまーす!






ページのトップへ

これはもう、テロでしょう?

2007/06/19Tue 22:31

セイたん&リョウタ坊は、キヨシさんに連れられ保育園に。


ナオ嬢は私に連れられ、病院に。


常に家族の誰かが病院にかかっている我が家です...。


なんか、これもみんな、中国のせいな気がするんですが...。(単に思いこみだけど。)




私は結構、中国の被害を受けている!(ように思う!)


思い起こせば8年くらい前、あの農薬問題となった「冷凍カットほうれん草」を常食していたことに始まり...


今回は、「木製機関車トーマスの塗料事件」!
http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Thomas/thomas_info/index.html


ナオ嬢がこよなく愛し、肌身離さず持っていた「ジェームス」が回収です...。


しかも、発送は9月って遅くないですか?


お問い合わせが、平日の10:00~18:00って、一般労働消費者をなめてませんか?


夫曰く、


「これはもう、中国のテロだ!」


と。


食べ物で人体にダメージを与え、おもちゃ(商品)で、経済にダメージを与える...。


お店で売っている物だから、安心安心♪なんてもう、できないですね~。


自分の身や家族の身は、自分たちで守らなくては!特に中国からは!と切実に感じたトーマス事件でした。


あっ、ちなみにナオ嬢はただの風邪でした。


病院の先生に、「のどが真っ赤だね~、痛くない?」と聞かれ、


「痛くない!」


と断言していたナオ嬢です(笑)。





ページのトップへ

なんとか、復っ活!!

2007/06/18Mon 00:43

土曜日は...


20070618003053.jpg

<診察が終わり、お薬待ちののセイたん>

ぐったりしていたセイたん(実は冷えピタが嫌い!!)も、


その付き合いで...


20070618003240.jpg

<↑なんか生意気な感じのするリョウタ坊!>


ちょっとうんざりぐったりな、リョウタ坊&ナオ嬢。


でも今日はすっかり復活して、同じく復活した夫と、元気にお風呂に入りました!


さて、我が家のお風呂で欠かせないのが...

20070618003526.jpg



水鉄砲!!


ちゃんと3人3色そろっています(笑)。


扱いもなかなか慣れていて、


20070618003655.jpg

<なぜか「ピストル」と言う、セイたん&リョウタ坊>


持ち方もサマになっています。


20070618003836.jpg

<ナオ嬢もキマってるよ!>


でも、子供たちに一番人気なピストルは、実は、


20070618003944.jpg



霧吹きっ!?


私としては水鉄砲の方が、断然格好いいと思うのだけど、子供たちは霧吹きの方がイカシてる(死語!?)と思っているみたい!


いつも奪い合いです(笑)。


まあ、楽しければ何でも良いんだけど、3人にいっぺんに攻撃されると結構大変です(笑)。

ページのトップへ

トリプルダウン!!

2007/06/16Sat 22:54

こんばんは。週末のたびに誰かが具合の悪くなる、minneko家です。


トリプルダウン、とは言っても今回は三つ子たち全てではなく、


1.セイたん(3歳)♂ 保育園児
2.夫  (33歳)♂ 会社員
3.さくら (4歳)♀ ゴールデンレトリバー  


以上、3名(内1匹)です。


セイたんはセキと発熱で、週に2回も病院に行きました...。


夫は、本日行われた保育園での奉仕作業をはりきりすぎて、具合が悪くなり、セイたんと一緒に病院に行った後、寝込んでいます...。


さくらは犬なのに、下まぶたの裏に3cmもの草が刺さってしまい、鎮静剤を打って手術しました...。


セイたんはともかく、後の2人(内1匹)は、もっと自己管理すべきです!


夫は大人なんだから...。さくらは獣なんだから、ちゃんと防衛本能をは働かせようよ?


えー、私も、子供たちの夜泣きがトリプルなので、実況はこの辺にして、子供のお世話をしようと思います。


ああ、ご心配なく。今、子供たちには、キヨシさんとせっちゃんがついていますので...。


病人&けが人が復活しましたら、またこの時間にお会いしましょう(笑)。



ページのトップへ

大人は解ってくれない!

2007/06/14Thu 22:41

会社から帰ってくると、子供たちが何やら得意げに首から下げていた。


それは厚紙を丸く切ったメダルのようなものだったので、


「おっ、かっこいい~、そのメダル!」


と褒めたら、


「お時計さんだよっ!!」


と、子供たちに怒られてしまいました...。


よーく見ると、ちゃんと2本針もついていましたよ(笑)。


その後、夫も帰宅した際、


「おお、メダル作ったんだ?いいね~」


と言って、


「お時計さんだってば!!」


と、子供たちに叱られていました...。


20070614223128.jpg

<「ね?かっこいいお時計さんでしょ」byせいたん>


20070614223140.jpg

<「ちゃーんと針もついてます♪」byリョウタ坊>

20070614223152.jpg

<首から下げてみんなご機嫌!>


子どもたちの芸術を理解するのは、なかなか大変ですね(笑)。



ページのトップへ

いかにして我が家の子供たちは名前で家族をようようになったのか?

2007/06/14Thu 22:25

父親を名前で呼ぶ子供たち。確かに最初は違和感がありました。


私は自分の両親を「おとーさん」「おかーさん」と呼んでいましたし、


夫は、「おとうさま」「おかあさま」。さすがお受験経験者!


そんなわけで我が家では、「パパ」「ママ」は、なじみが無く使われませんでした。


ちなみに夫からの提案で、お互いのことを「おとうさん」「おかあさん」と呼び合うのもやめにしました。


しかし我が家は何気に大家族。子供たちの産まれた当時は、私の父の両親、そして私の妹も同居しており、総勢10名(子供たち含む)!!


「おとーさん」「おかーさん」「おじーちゃん」「おばーちゃん」の呼び名が入り乱れて大混乱!


私から見れば、おばーちゃんは子供たちの曾祖母だし、子供たちから見ればせっちゃん。


「おばーちゃんを呼んできて」と言っても、子供たちには誰のことだかちんぷんかんぷん。


で、そのうちに私から見た呼び方が定着してしまい、現在に至っています...。


でも最近は保育園で覚えてきたらしく、「ママー」と呼んだり「おかあたま」と私に言ってきたりします(笑)。


私個人の意見としては...


昔(確かまだ学生時代)に、昼にやっていたドラマ『ぽっかぽか』に出ていた女の子が、両親のことを「ちちー」「ははー」と呼んでいて、かわいかったな~、と。


子供ができたらそんなふうに呼んでもらうのも良いな~と、その当時は思っていましたが、今では「かあちゃん」!(笑)。


「かあちゃんの言うことが聞けない悪い子は誰だっ!」と叫んでる日々です。


とりあえず今はこのまま行って、子供たちがもう少し大きくなったら家族会議でも開いて、改めて呼び方を決めたいと思います!


ページのトップへ

父親の存在...。

2007/06/12Tue 23:54

今日は、保育園の保護者面談の日でした。


私の知らない子供たちの話がきけるかも!?と、期待半分、不安半分。


子供たちがお昼寝をしている時間帯での面談。


担任の先生3人の内、2人の先生からお話を伺いました。


で、正直な感想。


なんて外面のいい子供たちっ!?


なんかね、ものすごーく良い子らしいです...子供たち。


ご飯も一人で黙々と食べるし、ちゃんと指示通り座って待っていられるし...。たまに注意するのが申し訳ないくらいだと!


家とのギャップがあまりにもありすぎて、お話の最中、「どこの子のハナシ?」って感じでした(笑)。


で、最高にヒットだったのが、


「ご家庭でお父さん(父親)との関係はどうですか?」


と言う質問。


???だった私が、ワケを聞くと...。


どうやらクラスの中でウチの三つ子たちだけ、パパの話が全く出てこないのだそう。
(ちなみに話題登場率NO.1はキヨシさん。次いで母ちゃん(私)、せっちゃん、おばあちゃんらしい。)


子供たちから父親の気配がしないので、保育園の先生は心配になったらしい...。


が、原因はすぐに判明!


私が夫を名前で呼ぶので、子供たちも父親のことを名前で呼んでいる。
きっと、そのせいだ!


「すみません、今度、○○(夫の名前)は?と、子供たちに聞いてみてください」と、私。


先生も快く引き受けてくださいました。


そんなわけで無事、面談を終了し、夕方再び子供たちを迎えに行くと...


「聞きましたよ~。○○(夫の名前)は?と聞いたら、『○○は会社!』って、3人とも答えてくれましたよ」


と、先生。


夫、存在が確認されてよかったねえ、としみじみ思っていると、すかさず先生が、


「でも、『パパは?』と聞くと、『いない!』って即答されちゃいました(笑)」と。


夫、再びその存在が危うくなった模様。


でも、まあ、子供たちはみんな夫になついているし、大丈夫でしょう。
たぶん...。


そんなわけだから、夫よ、時々は早く帰ってきて子供たちと遊ぼうね!


ページのトップへ

~本日の連絡ノートより~byセイたん

2007/06/11Mon 22:17



6月11日 ~保育士さんより~


今日、セイちゃんがちょっと元気がなく、


「気持ち悪いの?」


と、聞くと、


「気持ちいい」


と、言われてしまいました。


  ~中略~


また、


「せいちゃん、おいで」


と呼ぶと、


「イヤだ」


と、断られてしまいました(笑)。




・・・セイたん、なんだか外人みたいだな。


「ハーワーユー?」ときかれ、「ファインサンキュー」って感じ?気持ちいいって。


YES、NOが、はっきり言えるのはきっと子供うちだけだよ?セイたん!


母の一口感想でした♪

ページのトップへ

洗濯物の山

2007/06/11Mon 22:03

我が家は、本当に「洗濯物の山」が存在します(笑)。


さて、今日も会社から帰宅後、子供たちをお風呂に入れて寝かしつけるまでの間、3人分合計5コの水たまり(おもらし!)を片付けました。


雨の日は仕方がないので乾燥機に洗濯物を入れますが、基本的には外干しです。


で、週末ともなればその数は半端ではない!!


子供がいるお家は、どこもそうだと思いますが、洗濯物がとにかくいっぱい!!


20070611213449.jpg

<洗濯物第一陣。第二陣は外に干してあり、第3陣は洗濯中...。>


天気の良い休みの日には、1日中洗って干しての繰り返しのような気が...。


洗濯自体は洗濯機がやるので苦労は無いのですが、洗った物を干すのが...だんだん飽きてきます...。


取り込んだ物をたたむのも決して嫌いではない(むしろ好きな作業)なのに...たたんでもたたんでも減らない山を見て、うんざりしてきます...。


そしてせっかくたたんだ洗濯物の上に子供たちがダイブしてきた日には、私の怒りのメーターが振り切れ、キーッ!!となっちゃうわけですよ。


まだまだ修行が足りない自分です。


これから梅雨入り。我が家の(気分的な)洗濯受難はまだまだ続きそうです...。


ページのトップへ

雨漏り?水たまり?いやいや、パンツトレーニングです!

2007/06/10Sun 21:32

保育園でのパンツ(トイレ)トレーニングがきっかけになったのか、今子供たちはトイレに夢中(笑)。


1年前、おまるを用意した頃に比べると、意思の疎通も出来るようになったので、いよいよ家でもトレーニング開始!


1番やる気満々なのがセイたん。


ご飯の前、お風呂の前、寝る前、と積極的に「おトイレ~!」と、ズボンを脱ぐ。


さあ、そこで困ったことが一つ。


子どもたち、一人が行動を起こすと後の2人もそれに続く習性が...!!


セイたんが、「おトイレ行く!」と言えば、リョウタ坊とナオ嬢も「行く、行く~!」


ウチにトイレは合計3つ。1階に2つ(内1つは両親の部屋に)あり、2階に1つ。


で、おまる便座は2つ。


で、子供のお世話する人...私!?


人手が...大人の人手が足りないんですよ~。曾祖母は高齢だから機敏に動けないし、階段上って2階はムリ。


夕食時は、せっちゃんは火を使ってるから手を離せないし、(子供のおトイレは結構時間がかかる!)


キヨシさんも手伝ってくれるのですが、子供たちが「母ちゃん、いいー!」と、私をご指名してくれちゃうと、もう、お手上げなんですね...。


で、順番待ちしている間に、子供たちの足下に水たまりが...orz。


天気の悪いこの週末、ぞうきん抱えて、いったいいくつの(子供たち作)水たまりを片付けたことか...。


試練です。苦あれば楽あり。


この試練を乗り越えれば、夢のパンツワールドが見えてくるはず!


オムツ代を気にして広告チェックの必要もなくなるし、週2回燃えるゴミの日に、ゴミステーションまで大量にオムツゴミを運ばなくても済む!!


この希望を胸に、明日も水たまりを片付けたいと思います!

ページのトップへ

3年前の思い出 ~わくわく妊婦時代 7~

2007/06/08Fri 22:48

さあ、いよいよ子供たち登場です!みなさん、準備はいいですかっ?


爽やかに晴れた5月末の朝、麻酔科の先生から説明があり、いよいよ
出産(帝王切開)です。


母と夫に見守られ、いざ手術室へ。


手術室には、先生やら看護婦さんやら、NICUからの保育器やらで大にぎわい!


早速、麻酔をかけられます。


実は、本っ当に臆病な私。麻酔科の先生に、「怖いから全身麻酔にしてくれ」と言ったところ、「子供に影響を及ぼすので」と却下されてしまいました。


でも、「子供を取り出した後は、眠らせてあげるよ」言われ、ちょっぴりホッ。


始めます、の声でカチャカチャ器具の音が聞こえ、何やらお腹をいじくる気配が!(でも麻酔が効いているので痛くない)。


そんな時、教授が、


「第一子、男の子。っと、間違えた」


えええっ!、間違えたあ?


「あー、財産争いとかある?」と聞かれ、「無いです!」と答える私。


どうやら、取り出す子供の順番が違った模様。これがセイたん!


でもこれは事前に説明を受けていました。基本的には下の方にいる子供から取り出しますが、状況によっては、その順番が変わることもある、と。


なので、「取り出しやすいところから、出してやって下さい~」と、お願いする私。


続いて、「第2子、男の子」の声。リョウタ坊、登場~!!


これも想定済み。お腹の下にいた子たちは一卵性だったので、1人が男の子だったらもう1人も男の子。


そしていよいよ、「第三子、女の子!」


えっ?本当ですか?「本当に女の子?」と問うと、「はい、女の子です」と返答が。


ナオ嬢の誕生の瞬間です(笑)!


子供たちは、処置をしてもらった後、一人ひとり、私の枕元まで顔を見せに来てくれました。


不思議だったのは、お腹から一人取り出すごとに軽くなる、ということ。


痛みは全く感じないけど、引っ張る感覚とか軽くなる感覚ははっきりしていました。


そして3人の無事を確認すると、私の意識は夢の中へ...。遠くで赤ちゃんの泣き声を聞きながら、約束通り眠らせてもらいました。


で、次に意識が戻ったのは手術室からの帰り道。


もう、母と夫が脇に付き添っていました。


そして、そこから、なぜかノンストップでしゃべり出す私!


もうね、口が止まらないんですよ、興奮して(笑)。


同室の人がびっくりして、夫と母が「もう黙って!」と言うくらい、しゃべり続けた私...麻酔の所為でしょうか?


とにかく、女の子が一人いたことがとてもうれしかったのを覚えています。


 セイたん : 1008g
リョウタ坊 : 1010g
  ナオ嬢 : 1056g



1000gギリギリのラインですが、こんな感じで子供たちは登場しました。


子供たちは梅雨の間、保育器生活を送り、夏にようやくお家に来ます。


が、それはまた別の機会に...。

ページのトップへ

3年前の思い出 ~わくわく妊婦時代 6~

2007/06/08Fri 00:29

身体のちっこい私(148cm)を見て、産婦人科の教授が示したラインが、


「30週までがんばりましょう」


でした。


でも私は、密かに34週まで行きたい!と願っていたのですが...


30週目前に、担当医から出産(帝王切開)を勧められました。


理由1、薬の身体に及ぼす影響をはかる血液検査の結果が、あまりよくないとのこと。
理由2、子供たちの体重が推定1200g~1400gになったこと。
理由3、今ならNICUが空いている、ということ。


それでも私はまだまだ行ける、と思ってたのですが...夫が先生の説得に屈してしまい、


「子供が無事でも、母親に何かあったら困るから...」


と決断しました。


いや、子供は小さいから泳げないけど、私だったら三途の川幅ぐらい犬かきでも泳いでもどってこれるよ~(実際は見たことも泳いだこともないけど!)。


そう主張しましたが、結局、30週0日で手術することが決まりました。


これだけは、いまだに後悔しています。本当に。


あの時、あと1週間、あと1日でも長く子供たちをお腹の中で育ててあげていれば...と泣くほど後悔しましたから。


あの時、今産めば楽になるな、と考えてしまった自分を私は一生忘れないと思います。


そんなわけで、子供たちの誕生日は5月25日に決定されました。


手術自体は心配していませんでした。どうせまな板の鯉、ですから(笑)。


それに手術してくれる先生が、ゴットハンド!の異名をもつ教授でしたので(笑)。


ようやく次回、出産話しにたどり着けますよ~(笑)。
ページのトップへ

リョウタ坊は、女性が好き!?

2007/06/07Thu 22:52

リョウタ坊は女性の扱いが実に上手い。


その範囲は、1歳から84歳までと、広範囲に及ぶ。


年下の女の子には、


「はい、どーぞ」


と、にっこりおもちゃを差し出し...


おばあちゃんには、


「おばあちゃんじゃなきゃ、やだ!」


と言ってすがりつき...


私の友人には、


「行かないで!」


と腕をとり、潤んだ瞳で、


「また来る?」


とたずねる...。


すごい!すごいよ、リョウタ坊!君はそれで生きていけるよ!


と、我が子ながら感心してしまうほど。


ちなみにリョウタ坊、私の妹たちにもウケが良い。


このまま大きくなったらどうなるかな?と少しドキドキ、でも楽しみ?な母親でした。


20070605232922.jpg

<妹・あしゅみに抱っこされ、ご機嫌で食事をするリョウタ坊>


20070605232913.jpg

 セイたん : 「うまいことやってるよな~」
  ナオ嬢 : 「ホントよね~」



ページのトップへ

せっちゃんの花壇

2007/06/07Thu 03:24

我が家の花壇は、常に花が咲いています。


20070606001827.jpg



これはひとえに母・せっちゃんの努力のたまものです。


家を建て直したとき、せっちゃんが「花壇が欲しい」と言いました。


ちょうど家の前が車の通り道になっているので、造園業者に、家と道路の間に上手く花壇を作ってもらいました。


が、もちろん花を植えて管理しているのは、せっちゃんです。


その執念ははっきり言って凄い。


日中は仕事。帰宅後は子供たちのお世話。ようやく自由になる夜、9時半から、花壇の手入れ!!


夜11時くらいに、「もう!花の色がよく見えないから、今日は終わり!」


と言って、家に入ってきた。・・・確かに外は真っ暗です。これじゃあ、花の色を見ながら植えるのはは無理でしょう...。


またある時は、雷雨激しい早朝。カッパに長靴で、花壇でうずくまって作業するせっちゃん...。そこまでして?


おかげで、いつも綺麗でチョウチョが飛んでいますけど。


20070606002153.jpg

<仕事から帰宅後、家に入る前に花の手入れをするせっちゃん>


20070606002202.jpg

<カエルくんも満足そうです>


20070606002706.jpg

<リョウタ坊:「お花、かわいいね~」>


いろんな色のお花が咲いてる!と喜ぶ子供たちのために、今日も花壇の手入れにいそしむせっちゃんなのでした。

ページのトップへ

育った環境が違うから♪

2007/06/05Tue 23:15

夫と私は育った環境が正反対だ。


夫は都会の子供で、核家族。


私は田舎の子供で、大家族(笑)。


その違いは、子供の時の遊びに顕著に表れていた。


夫は幼少の頃、けっこう大変な病気をし、周囲は半ば「もうダメだろう」とあきらめていたらしい。


その為、本人が望んだわけではないのに、最新のおもちゃやゲームがたくさん身の回りにあったそうだ。


反面、私は健康で、田舎なのでお店も少なく、遊びは常に屋外。川で魚やザリガニを捕ったり、缶蹴り、探検など田舎ならではの遊びをしていた。


ゲームウォッチ(懐かし~)やスーパーファミコン(マリオ!)の存在は知っていたけど、触れたことはなかったな...。


なので、ゲーム好きの夫がやるゲームは、見ているだけで新鮮で面白かった!
特にロープレ?って言うんですか?ファイナルファンタジーXなんか、見ていて泣いてしまいましたよ、ゲームなのに...。


それは夫も同じらしく、ウチに来て初めて魚釣りをしたとき、半日以上ずっとやり続け、日焼けと日射病で倒れたほどでした(笑)。


もちろん夫は釣る専門。えさ付け(ミミズ!)と、釣った魚を針から取るのは全て私がやっていました。


さて、そんな我々2人の子供たちが、どちらの道を選ぶのか非常に興味深いのですが...


ゲーム!?


20070604212635.jpg

<夫とwiiを楽しむ子供たち>


子供たち、外遊びも好きには好きなんですが、まだ虫や植物には興味ないみたいなんです。


で、夫が「ゲームやろうか」と言うと、目を輝かせて「やるやるーっ!」と、絶叫。


・・・いいんだけど。


20070604212646.jpg

<なんか、マリオが出てくるゲーム。ブラザーマリオ?>


少~し、のけ者っぽい私ですが、楽しそうだからまあいいか♪ということで温かく見守りたいと思います...やり過ぎるまでは!


ページのトップへ

そんな女の子、ナオ嬢。

2007/06/04Mon 22:16

ナオ嬢は、ご飯を食べのが遅い。


いつもみんなが食べ終わる頃に、ようやく食べ始める。


だから最後はいつも...


ひとりぼっち。


20070531230102.jpg

<全て片付けられ、ぽつんと一人きりのナオ嬢>


保育園の連絡ノートにも、


「お昼、ナオちゃんだけ残ってしまい...途中で打ち切りに...するとナオちゃん、泣いてしまいました...」


と、家と変わらない様子が!


20070531230132.jpg



そんな、訴えかけるようなお目々でみつめても、だめなんだよ~!みんなといっしょにご飯食べて~。


さて、そんなナオ嬢。実は結構辛抱強いんです。


先日、クローゼットから掃除機を出した後、奥にあった脚立が倒れそうになったんですね。


それに気づいたナオ嬢、クローゼットのなかでしゃがんで、ずーっと押さえててくれたんです!


部屋の掃除機をかけ終わって、しまおうともどってきたところで、初めて気づきました。


  私: 「ナオちゃんっ、何してるの!?」


ナオ嬢: 「おっこちゆ...あぶない!」

うーん、と唸りながら必死に脚立を押さえていてくれたナオ嬢...えらかったです。本当にありがとね。


20070603205926.jpg

<ナオ嬢:「もう、倒れないでね~」>


以前、同じような状況になったとき、リョウタ坊は泣いて大騒ぎしました(笑)。


ナオ嬢のけなげさにはホント、頭が下がります。


でも、もう少~し、ご飯を食べるペースをあげようね?ナオ嬢!


ページのトップへ

夫と妻のハマっているモノ。

2007/06/04Mon 00:23

夫が今、夢中になっているモノ...それは、


Bootcamp Elite Mission One: Get Started Bootcamp Elite Mission One: Get Started
Billy Blanks (2006/12/05)


この商品の詳細を見る

でたーっ!ビリーーッ!!


私もつられて見ましたが、さすが今話題のビリー!


何っ?このカリスマオーラは!?


見ているだけで、言うこと聞いちゃいそうになりますよ、ホントに。(「声を出せ」と言われ、うっかり声を出してしまった私...)


夫がちゃんと実行すれば、夏までにはお腹が割れるかも!?と、密かに期待している私です。


しかし、私も負けてはいられない!


コレを続ければ、まだまだイケるかも!?という期待を抱かせてくれたのが...


田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付) 田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)
田中 宥久子 (2006/12/16)
講談社

この商品の詳細を見る



こちらも今、スゴイ人気ですよねっ?ね?


だって、10年前の若さですよ、奥さん!


10年前の顔に戻れるって言ったら、戻りたいでしょう?普通(笑)。


ビリーと田中宥久子サン、この2人のチカラを借りれば、最強じゃないですか!?


ビリーのボディに、10年前の若さ!コレを手に入れたら、この夏の伝説として語り継がれますよねっ♪


うん。やる気はバッチリ!後は「継続は力なり」ですよね。


がんばってやってみますよー、夫婦2人(笑)。


ページのトップへ

ぱん!パン!麺麭!

2007/06/03Sun 20:44

うちの家族はパン好きだ。食事は毎回お米だけれど、パンの消費量もスゴイ。


そんな我が家に、遠くの友人から素敵な贈り物が届きました!


ぱーん!!


20070603202159.jpg

<見てみて!すごいキレイでしょ?>


これがなんと冷凍で届いたんですよ!今のパン屋さんの技術ってすごいと思いませんか!?


20070603202241.jpg

<パンに群がる子供たち>


自然解凍で、とても美味しいクロワッサンをいただきました♪


子供たちもうれしそう!


20070603202228.jpg

<リョウタ坊:「おいし~い!」>


20070603202210.jpg

<セイたん:「秘密のクリームが好きなんです」>


20070603202218.jpg

<ナオ嬢:「かぶりつきが一番よ!」>


あー、美味しかった♪家族みんなでいただきました。本当にありがとうございました。


何度かホームベーカリーに手を出そうとしましたが、遠くのパンでもこんなに美味しく食べられるなら、パンはやっぱりパン屋ですね!




 ↓<おまけ>
続きを読む
ページのトップへ

3年前の思い出 ~わくわく妊婦時代 5~

2007/06/01Fri 23:10

というわけで、子供たちの名前。


はじめは、『男の子の名前』という本を1冊購入し、検討してみた。


が、私が「こんなのは、どう?」という案に、ことごとく却下を出す夫。


そのくせ、自分では案の1つも出せないでいる...。


しかたないので、今度は『漢語林』を片手に独自の路線を行くことにした。


せっかく?三つ子なんだから関連性がある名前がいい!ということで意見が一致。
そして、当て字は使わない。凝りすぎない呼びやすい名前...等、こだわりは決定しても、肝心の名前が出てこない!!


そんな時に妹が、「にいさんの一字『東』に関連づけて、西・北・南は?」と提案してくれた。


うん、それは良い考えだ!


というわけで、「西」「北」「南」のそれぞれの読みと意味を漢語林で調べ、読み方を決めてから漢字を探しました。


その結果が現在に至るわけです、はい。


セイたん・・・西(セイ)で、セイゴ。これはそのまま。。。一番最初にピンときて決まってしまった。


リョウタ坊・・・北(タ)で、リョウタ。「北」の字の画数に合わせるのが難しかった~。名前呼びでは「りょう」が響きがよかった。サカモトリョーマも「りょう」だしね!うん。かっこいいよ。


ナオ嬢・・・南(ナ)で、ナオ。「ナオ嬢」はこの時点では、男の子用として使われる予定でした(そうしたら嬢じゃなかったけど)。でも、実際、生まれてきてくれたのが女の子だったので、ドンぴしゃ!という感じでうれしかったですね。


そんなわけで、画数もクリアしてこの3つの名前に決定したわけです(笑)。


「東西南北」でそろえてみました。


でも、「麻雀が好きなの?」と聞かれたときには...orz。


方位はねえ、大事なんですよ?古来から重要な意味を持っていたんですよ、とあえて付け加えておきます(笑)。


ピンではつながりがわかりませんが、3人(4人?)そろえば、全制覇!!ってトコロが気に入っています。


そんなわけで、三つ子たちの名前を決めるのは、とても充実していて楽しかったです。


ページのトップへ