わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

スポンサーサイト

--/--/---- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページのトップへ

セイたんのピアノコンクール♪<その2>

2014/04/24Thu 00:08

セイたん、結果はなんと銀賞でした!


参加者52名。金賞1人、銀賞2人、銅賞5人、努力賞5人。


④2014-04-19 18-41-13 - _0029486
<授賞式賞状とメダルをもらうセイたん>


「こびとのおどり」は、もう音さえ外さなければいいよ~。という思いで聴いていました。


どう出るか出たとこ勝負だった「ソナチネ」は... 想像以上!もう弾いている途中で、「すごいよ。これだけ弾けたらもういいよ。母ちゃんはこの演奏が聴けただけで充分だよ。」って感極まっておりました。(笑)


ぶっちゃけ、広い音響の整ったホール。コンサート用のグランドピアノ。これだけそろえば、みーんな上手にきこえるんだよ?
女の子はみんな華やかな衣装&髪型だし。優雅に体をリズムに乗せて弾く姿はへえぇぇぇ。って納得しちゃう。


だけどやっぱり審査員はプロ(音大の教授、ピアノ講師)だから、見た目では左右はされないのでしょうけど。


そんな先生方に「音色がきれい」だと認められての受賞だったので、とても嬉しかったです。


ああ、私はいつもきれいな音色の音楽を聴いていたんだなあ、と箔がついた感じ!(笑)


⑥2014-04-19 19-04-00 - _0029511
<ホール入り口にて。どや顔のセイたんと応援団☆>


最後にいい結果が残せて本当に良かったな、と思いました。


これであとは...如何にこの後くるであろうグランドピアノ購入の営業を躱すか!?という問題のみですね!


スポンサーサイト
ページのトップへ

セイたんのピアノコンクール♪<その1>

2014/04/23Wed 22:08

4月19日。名古屋でセイたんのピアノコンクールがありました。


今年で4回目。家族で応援は3回目。リョータやナオ嬢が楽しみにしいる家族旅行でもあります。


さてセイたんが弾いた曲は以下2曲。課題曲「こびとのおどり」と、自由曲「ソナチネ」です。



<2年前コンクールの予選で聞いてから耳について離れない(笑)印象的な曲。>






<初めて楽譜を見た時に絶句した曲。「長っ!音符がいっぱい!(笑)」>


以下は夫の感想です☆


【夫の感想】

やはりこどもコンクールといえども、本選となるとレベルが違う。
予選では半分くらいの子は曲が仕上がっていなかったが、そんな子はいない。
技術よりも年齢に合わせた音の豊かさや表現を重視するコンクールなので、
なおさら曲の仕上がり=練習量は評価に直結すると思う。
譜面通り弾けていればよいというものでは無いらしい。

半分は会場の外でスピーカー越しに聞いていたので、
正確には分からないけれども、音の強弱、フレーズ、
音のクリアーさなど飛び抜けている子が5人はいたと思う。
まさにピアノから音があふれ出てくる感じ。


ただ、自由曲はやたらとゆったりめで表現を意識したものばかり。
去年、一昨年の講評で、

「ピアノは強く叩くものではない、速く引ければ良いというものではない」

と繰り返し言っていたせいでしょうか。
それにしても、表現を意識しすぎて、子供らしくなく、
大人びた雰囲気で若干の違和感。

勢いや強さを重視した曲はセイたん以外には
2曲くらいしかありませんでした。
なので、【表現力】では普通に上手くらいでは埋もれてしまう。
「飛び抜けて上手」以外は印象に残りませんでした。


さて、肝心のセイたんですが、
こびとのおどりは早くなったり遅くなったり。音の強弱もあまり表現できていない感じ。
予選の時のほうが上手だった…。

ソナチネですが、これが驚きの出来。音の広がりや左右のバランス、
早回しのふくらみなどほぼ完ぺき。音の粒子感もあって、
家でもほとんど聞いたことがないくらいの演奏でした。
大切な最初の一音目の抜けが足りなかったけれども、
それを差し引いても110%の完成度だったのでは。
ホールの響きとの相性も良かったように感じます。

他の子との差は…正直わかりません。
この3ヶ月の練習で、自分の子を正当に評価できません。
でも、感覚的には取れても努力賞だと思いました。

なので、努力賞に呼ばれなかった時の私の落胆といったら…
いや、最初は金賞を目指してたんですよ。
何よりも指導してくれている先生に指導者賞をあげたかったので。
でも、1ヶ月前に諦めました。

ソナチネの仕上がりが悪すぎて、選曲をミスったと思ってました。

そして結果は…嫁さんからどうぞ。


ページのトップへ

可愛いナオ嬢

2014/04/16Wed 23:24

私も小さい頃は(今もたいして変わらないかもしれませんが)、結構赤毛のアンでした!(笑)


そんな私とは似ても似つかないナオ嬢が、なんか可愛いことやってくれちゃいました☆


ある夜。彼女の机に行くと...


2014-04-10 23-43-13 - P1060206
<干支の馬鈴の前に何かが!?>


よおぉぉおく見てみると、


2014-04-10 23-43-28 - P1060207_exposure


なんと!!未来の自分へのメッセージがおかれているではありませんか!


あまりのかわいさに思わずニッコリしてしまいました。


しかしこのメッセージには続きがありまして...


2014-04-12 09-31-55 - P1060209
<学校に行く前に置いていったのかな?>


きっと学校から帰宅した自分に向けてのメッセージですね!


このカードの下に、他に数種類のメッセージが書かれていました。


ナオ可愛いなあ。頑張りなね?母ちゃんも応援しているよ!

ページのトップへ

鯉のぼり、上げました。

2014/04/07Mon 22:44

日曜日。小雨の降る中、野月家に手伝って高さ12メートルの鯉のぼりのポールをたてました。


途中、矢車が見つからず、お店まで買いに走るというハプニングがありましたが、無事にたて終わりました。


かっちゃん、しーちゃんありがとう!


そして今日。子供たちとぶり夫が鯉のぼりをあげました!


2014-04-07 07-27-03 - P1060184
<青空にきれいに泳ぐ鯉のぼり♪>


2014-04-07 07-28-07 - P1060188
<逆光で撮っても素敵!>


始業式。今日から三つ子は4年生です。もうすぐ10歳だよ。はやいなあ。


これからこどもの日まで天気が許す限り、子供たちと一緒に鯉のぼりをあげたいと思います!






・・・それよりも。


先にナオ雛片付けなくちゃ、あの子が行き遅れちゃうっ。


。。゛(ノ><)ノ ヒィ

ページのトップへ

作ってみた☆

2014/04/04Fri 00:17

この洋かん、先日の日本茶教室で行ったとらやさんで買ってきたもの。


2014-03-28 20-45-34 - P1060134


春の富士山をイメージした羊羹ということですが...


めっちゃ美味しい!!


ありえない!今まで食べてきた(主にお正月のおせちの)羊羹とは、比べものにならない美味しさ!(お値段もな!)


このまわりの桜色が道明寺粉を使ってあって、甘いのにあっさり。なのにお口で溶ける!?ん?何この食感...うわー、なんぼでも食べられちゃうわあ♪と思わず興奮しちゃう羊羹なのです。


2014-03-28 20-56-48 - P1060146
<これ1本ひとりで全部いける!だから丸ごと食べさせてー。(笑)>


2014-03-28 20-42-31 - P1060129
<羊羹切り分けの図>


もうさ、子供たちが真剣すぎて目がギラギラ。1ミリでも厚いヤツを狙っているわけ。


せっちゃん、プレッシャーがキツくてキレてたもん。「みんな同じに切ったからっ!」って。(笑)





さてさてそんな素敵羊羹には及ばないが、じゃあ作ってみようか?っていうことで、そろえられる範囲の材料で作ってみました。


そう、和菓子。


2014-04-02 19-26-53 - P1060150
<捏ねるナオ嬢。>


お店で探したけど白餡が売ってなくて(さすがに餡から作るのはためらわれて)、白玉粉使って求肥に挑戦☆


2014-04-02 19-47-22 - P1060154


色粉を使う段階では3人それぞれ真剣。


色付けされた生地をレンジに入れて、1分半。出してかき混ぜてまた1分半。膨らんだら出して、水飴混ぜて捏ねて...。


2014-04-02 20-06-25 - P1060169


こし餡を丸めたものをくるむ!これが意外と難しい!


そして完成したものがコチラ♪


2014-04-02 20-10-57 - P1060174


色も毒々しいけど。


かたちも(思いっきり)崩れているけど。


(できたてはどんなものでも)味は、美味しい!(笑)


いやホント、本当に味はいけてたんですよ。


ですから今度はちゃんと白餡用意して、練り切りに挑戦してみたいです。




ちなみに今回の作り方は、図書館で借りた本を参考にしました。(あくまで参考!材料いろいろ足りなくて端折ったし、分量間違えてせっちゃんに助けてもらったりしたから。)
ちゃんと本の通りに作ったら、本の写真のように出来たと思うよ。きっと。


キッチンでつくる茶席の和菓子キッチンでつくる茶席の和菓子
(2002/03)
金塚 晴子

商品詳細を見る



季節を楽しむ かわいい和菓子 (SENSE UP LIFEシリーズ)季節を楽しむ かわいい和菓子 (SENSE UP LIFEシリーズ)
(2010/09/22)
山崎彩

商品詳細を見る

<この本は写真も凄く可愛いので、本屋で探して買ってしまいました☆>


ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。