わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

本を読みたくて仕方がない!

2010/05/10Mon 21:48

まあ、そういうときは日常に何かしらのトラブルを抱え、気持ちだけでも逃避したいというあらわれなのですが。


本は、漫画でも小説でも実用書でも何でもかまいません。


興味をひけばもう、手当たり次第。


・・・というわけで、最近読んだ本。


さよならドビュッシーさよならドビュッシー
(2010/01/08)
中山 七里

商品詳細を見る

タイトルと表紙に惹かれて。私はピアノ曲ではドビュッシーの月の光がいちばん好きです。なぜだか。
この本はミステリーです。で、私は素直な正直者なので、最後までこの本のおもうがまま読み進み、最後の最後で、うおおおっ!とビックリするワケです。(笑)
友人に、「面白いから読んでみて」と貸しましたが、彼女はすぐ謎をに気づき、「そうだと思ったよ」とか言うんだろうな、きっと。
でも、この本のなにがいいかって、整形外科医の先生の突き放した誠実さと、主人公に力を貸す美青年ピアニストのクールさでしょうか。それって、ストーリー云々じゃなくて、キャラじゃん!と言う突っ込みはナシで!


観測者タマミ (1) (角川コミックス・エース 275-1)観測者タマミ (1) (角川コミックス・エース 275-1)
(2010/04/03)
井田 ヒロト

商品詳細を見る

これは、漫画の本。手に取った理由は、背表紙にあった説明文の「シュレディンガーの猫」の文字。
私の夫は理系出身(物理かな?)で、たま~に話してくれる専門的な話の中で、いちばん気に入っているのが、量子力学の「シュレディンガーの猫」のハナシ。
箱の中の猫は、「生きている状態」と「死んでいる状態」が重なって存在している。箱を開けるまでは、その猫の状態はわからない。猫は生きてもいるし、死んでもいる。そんな不思議な内容だったと思う。
この本のストーリーはそんな難しいものじゃなくて、タマミという少女の特殊能力を利用して、のし上がって行こうとする詐欺師青年が、その少女に振り回されちゃって...というような感じ。笑いありシリアスあり、です。
ちなみに思わず買っちゃったもう一つの理由が私のリアルネームがタマミってことですかね。(笑)


1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る

牛河...めっちゃ活躍してるじゃん!『ねじまき鳥クロニクル』に登場したときからアナタのことはずっと忘れられなかったよ。印象深くて。(笑)




以上が、すでに読んだ本。


今現在、読み途中の本やこれから読む本は、後日また報告!

ページのトップへ

コメントリスト



コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ