わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

スポンサーサイト

--/--/---- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページのトップへ

思い出がいっぱい

2011/03/24Thu 23:06

明日は子供たちの卒園式です。


式の時間が、輪番停電の時間帯から外れていたので、とりあえずホッとしました。


今夜、布団のなかでナオ嬢と保育園の思い出話をしていたら、二人して泣き出しちゃいました。


仲良しのお友達と別々の小学校になるから、大人になるまで遊べないのが悲しいって言っていました。


大人になったら。


ナオ嬢が大人になったら、今夜のように可愛いあなたを抱きしめて眠ることもないんだろうな。


大好きなミュージカル『マンマ・ミーア!』で、母親のドナが、結婚する娘に歌う「SLIPPING THROUGH MY FINGERS」


どうしてもこの歌がアタマを駆け巡ってしまうんですね。


今夜はこの歌をアタマの中で響かせながら、思い出に浸りたいと思います。




  ↓ 4年も過ごしたんだね。




子供たちが生まれた時、できる限り自分の手で育てようと思っていました。


でもそんな理想は現実の前に打ち砕かれ、私は3人の育児に手が回らず、子供たちにケガさせてしまったり、夜泣きのひどさに気が狂いそうでした。


そんな時、たまたま定期点検で来た浄化槽やさんが、自分も双子がいてとても大変で、保育園にお世話になったと親身に話してくれました。それがきっかけでした。


その方のお子さんが行っていた保育園が、ウチの近くの子供たちが通った保育園です。


4年前2歳児クラスで入園した時は、3人ともおむつにスモックで登園していました。


今では自分でおトイレに行けるし、自分で園服も着られます。


たった4年。たった4年でこんなに成長しているのだから、ナオ嬢が望む「大人になる」のなんて、あっという間のことかもしれません...。母ちゃんはそれが心配なんだよ。


もうちょっと母ちゃんの小さい子どもでいてくれないかな?


そんな贅沢な不安と切ない幸せの気分です。





いろんな約束をしたのに


守れなかったあたし


そう仕方なく嘘をついた


忙しくて


この手をすり抜ける


抱いてるのに幸せと


喜びがこの手をすりぬける


この子を知ることが


大切な願いなの


それなのにこの手をすりぬける


時よどうか止まってお願い


子供はいつか去る


この手すり抜け...

ページのトップへ

コメントリスト



コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。