わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

子供たちと図書館。

2011/07/18Mon 23:40

しばらくの間、ここが休業状態だったのはワケがあります。


そう、本を読んでいたのです。むさぼるように...。


いつか一緒にいけたらいいなと思っていた図書館に、ようやく子供たちと行くようになりました。


はっきり言って、すごおおく楽しい♪


子供たちは子供スペースで、自由に本を選べて読めるし、私もアマゾンで悩みながら購入しなくても、ハズレもアタリも気にしないでバンバン借りられちゃう。この幸せはやみつきです♪


借りて読んだ本をざっと紹介。


そらいろのクレヨンそらいろのクレヨン
(2004/07/13)
蓮見 圭一

商品詳細を見る

<デビュー作『水曜の朝、午前三時』がとても好きだったので、この作者をチェックしていたのだけれど、ちょっと物足りなかったかな。でも、キレイなストーリーだと思う。印象には残らなかったけど。>

心の壁、愛の歌心の壁、愛の歌
(2005/06/30)
蓮見 圭一

商品詳細を見る



ねむりねむり
(2010/11/30)
村上 春樹

商品詳細を見る

<村上さんの短編『眠り』を全面改稿した本です。眠れない主婦のお話。読んだ当時と同じように、どうなるんだろう?どうなっちゃうんだろう?とハラハラして読みました。>


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る

<すごい人気の本ですよね。私は先にDVDを見て、気になって今回初めて読みました。面白かったです。内容は怖かったけど(笑)。でも映像の方が迫力があったかな?>


抱擁、あるいはライスには塩を抱擁、あるいはライスには塩を
(2010/11/05)
江國 香織

商品詳細を見る

<大好きな江國サンの本。本屋に行く機会が恐ろしく減ってから、新刊チェックが遅れている間に、どんどん新しい本が出ていて、今の私としては嬉しい限りです。この本も、「江國サン、キターーー!」って感じでした。こういう雰囲気が大好きです。>


スワンソング (角川文庫 お 49-6)スワンソング (角川文庫 お 49-6)
(2010/06/25)
大崎 善生

商品詳細を見る

<この人の『アジアンタムブルー』が好きで、以来チェックしている作家さんの一人です。この作者さんの主人公の男性は、信じられないくらい優しい。「こんなやついないよ~」って思いたくなるほどに優しいんです。でもその優しさが必ずしも何かを解決させることがないのが、この作者さんの醍醐味でしょうか。>


左岸左岸
(2008/10/11)
江國 香織

商品詳細を見る

<読み始めました!楽しみです。読み終わったらすぐに『右岸』に突入したいのだけど、貸し出し中だったよな...。>




と、まあこんな感じでハードカバーをばんばん読みあさってます。


子供たちも、自分たちのお気に入りを見つける、と言う行為に少しずつ慣れてきて、3人思い思いの本を借りるようになりました。


リョウタ坊が選んだ本が今回大ヒットで、3人とも繰り返し読んで(見て)、大笑いしています。


ちなみにこんな本です。


だるまさんがだるまさんが
(2007/12)
かがくい ひろし

商品詳細を見る



ページのトップへ

コメントリスト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/19(Tue) | - | URL | 編集


コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ