わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

スポンサーサイト

--/--/---- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページのトップへ

落ちこんだときには、ただひたすら本を読み続けます。

2011/08/25Thu 22:21

落ちこんだり気分がふさぐときには、ただひたすら本を読みます。


今までは、昔読んだ本を引っ張り出して読み返していましたが、最近では図書館に通っています。週に1回、木曜日。


木曜と金曜は、午後7時半まで開いているので(通常は、午後5時)、子供たちのお習いごとの後に、みんなで行くようになりました。


だから今日は、本の紹介。


まずセイたんのお気に入りは、『キツネのかぎやシリーズ』


かいぞくのおたから (キツネのかぎや 1)かいぞくのおたから (キツネのかぎや 1)
(2002/03)
三田村 信行

商品詳細を見る



今日も張りきって借りに行ったら、大人買いならぬ大人借り?でシリーズ全部を借りられちゃってました。


それでも返却コーナーからかろうじて1冊見つけ出しましたが、リョウタ坊が『ぼくが借りたい!」と言って、ケンカに...。仲良く読めばいいものを。(*´Д`)=3ハァ・・


リョウタ坊が一番気に入っていたのは、『ぱんだるまんシリーズ』


ぼよよん☆ぱんだるまん かいぞく島のたからさがし (集英社わくわくキッズブック 7ぱんだるまんシリーズ2)ぼよよん☆ぱんだるまん かいぞく島のたからさがし (集英社わくわくキッズブック 7ぱんだるまんシリーズ2)
(2008/07/17)
まくら しょう、かとう はるひ 他

商品詳細を見る



でも図書館には、この1冊しか無くて、他の市の図書館の蔵書をあたってみようと思ってます。


ナオ嬢は、絵が可愛いものが好きみたい。


かわいいこねこをもらってください (ポプラちいさなおはなし)かわいいこねこをもらってください (ポプラちいさなおはなし)
(2007/10)
なりゆき わかこ

商品詳細を見る

<これ、私が思わず泣いてしまいました。胸に「くぅーっ」と、くるお話です。>


魔法の庭ものがたり7 ジャレットとバラの谷の魔女 (ポプラ物語館)魔法の庭ものがたり7 ジャレットとバラの谷の魔女 (ポプラ物語館)
(2010/04/20)
あんびる やすこ

商品詳細を見る

<このお話も素直な文章と内容で、可愛らしかったです。出てくるネコたちもイイ♪>


これはシリーズものになっているので私が他の本も読みたかったくらい(笑)。今度探して、借りてみようかな?




さて、私はというと、現実逃避にもってこいなファンタジーを読みあさっていました。


今回はちょっと気分を変えて、荻原規子さんや小野不由美さん、上橋菜穂子さんなどをセレクト。


荻原さんは、不思議系。まず、


RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
荻原 規子

商品詳細を見る



これは現在4巻まで出ています。もう、続きが気になる気になる!最初のきっかけは、表紙の絵。私の大好きな酒井駒子さん(以前紹介した絵本『金曜日の砂糖ちゃん』のひと)が、表紙の女の子を描いていたから!(笑)
でも、内容も充分楽しめました。主人公の女の子が、この著者にしては珍しくおとなしめだったのと、それとは逆に男の子のキャラが立っていたのでぐいぐい読めちゃいました。


白鳥異伝白鳥異伝
(1996/07)
荻原 規子

商品詳細を見る



こちらはヤマトタケルの神話がもとなのかな?古代のファンタジーです。ずいぶん厚い本だけど、止まれない勢いで一気読みしました。
これは「勾玉3部作」の一冊で、今日はその次の『薄紅天女』を借りてきたので、週末どっぷりつかりたいと思います。


小野不由美さんはなんと言っても、『十二国記シリーズ』ですが、もうすでにこのシリーズは完結はしないだろうとあきらめの境地なので、気分転換にホラーを。


くらのかみ (ミステリーランド)くらのかみ (ミステリーランド)
(2003/07/30)
小野 不由美

商品詳細を見る



ホラーでもミステリーでも、どっちのジャンルでも良いけれど(笑)。子供が主人公なので、恐怖におののくことなく楽しめました。
部屋の角に4人が立って、次の人の肩を順番にたたいていくと、いつしか5人に...。その増えた一人は一体どの子?親族に起こった事件に関係あるの?犯人は?と、いう感じです。
子供向けだけど、私も充分どきどきさせてもらいました。


最後は、上橋菜穂子さん。この人の本『守り人シリーズ』は、NHKのアニメ「精霊の守り人」が面白かったので、文庫で全部集めています。今は「獣の奏者エリン」が、やっていますよね。今度はそれを読んでみようかな~と思っていますが、借りたのは、こちら。


狐笛のかなた (新潮文庫)狐笛のかなた (新潮文庫)
(2006/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る



上橋さん、確か学者さんなんですよね。文化人類学かなにか...。だから、設定が妙にリアルで、また細かいから納得させられちゃうんです。ああ、こういう世界もあるんだな、と。この人の描く物語の世界は、切なくて現実的で、でも救いがあるから心穏やかに読めます。




ファンタジー、いいですねえ。現実逃避しても罪悪感無く受け入れられます!ものがたりって、最高ですね♪


さあ、今夜も読むぞー!!


ページのトップへ

コメントリスト

No Title

心配しておりましたー!
お元気そうでなによりです。
うちの主人も本が大好きです。図書館っていいですよね。
今度行ってみようかと思います。
2011/08/27(Sat) | kurumi | URL | 編集

No Title

kurumiさん

kurumiさんも本好きですよね!ご主人様もですか!!
ふたりでごろごろ読書は、最高に幸せですよね~。
これからは読書の秋ですよ。物語をひととおり堪能したら、今度は実用書を読みあさろうかと思います。
またほうこくしますね!
2011/08/29(Mon) | minneko | URL | 編集


コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。