FC2ブログ

わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

子供のケガ(救急車に乗ったリョウタ坊)

2006/12/26Tue 01:04

以前、ナオ嬢が大ケガした時、もう全身から血の気がひいて、胃が縮み上がる最悪の恐怖を体験したけど...またやってしまいました。


今回はかなり痛いお話です。


子供を持つお母さんなんか、絶対に体験して欲しくないことです。


でも、119番をする際に必要なことをちょこっと書くので、もしもの際、役に立つなら参考にして欲しいです。









リョウタ坊、クローゼットに指を挟んでしまいました。


「ゆび、痛いよー」という泣き声で振り向くと(そう、私はすぐ近くにいたんです)、ものすごい出血とあり得ない状態になっている指がありました。


セイたん、ナオ嬢を「降りて来ちゃダメ!」と2階に残したまま、リョウタ坊を抱え電話機へ。


もう、迷うことなく救急車を呼びました。しかも初めて。


119番のやり取りは知識があったので、相手が「火事ですか?救急ですか?」と言うまえに、


「救急です!住所は○○市××△△△。2歳6ヶ月の男の子、クローゼットに左薬指を挟んで、出血がひどく第一関節から上が...」


「指がとれちゃう、早く来て!」必要事項を言った後、私ももうパニック状態。


わずかに残った理性で応急処置の確認をし、電話口で「落ち着いて!」と怒られながら救急車を待ちました。


救急隊員の方は親切でした。激しく動揺している私に気遣って、専門用語で病院とやりとりし、(でもなんか切迫した感じは伝わるんだよね...)、赤信号もとばして救急病院へ。


レントゲンを撮って、現像される5分がものすごく長かったです。


結果、骨には異常がなく指も切断まではしていませんでした。


命に別状はない、って分かっていても私にはもう、おおごとで...。


夫も、会社から病院にすっ飛んで来て(普段なら1時間以上かかる距離を20分でやってきた!)とりあえず私もホッとしました。




ただ、この病院、状態の説明がほとんどなくて、何針ぬったのかも聞けず、その後2回消毒に通って状況を聞いても、「(指が)とれちゃうことはないと思うけど...(「けど」ってなによ(怒)!)」としか言われませんでした。


で、夫と相談し近くの整形外科で診てもらいました。


子どもの指は再生能力が強いので、とれてもくっつきやすいということ(大人はそうはいかないらしい)。
爪の下の部分が残っているので爪の再生も大丈夫だろうということ。
ただ化膿するのが1番怖いので、1日おきに消毒に通って、子どもが痛がったら注意すること、等。


ちゃんと分かる説明を受けてホッとしました。


私たちは「必ず治るのか」を知りたいわけではなく(医者だって万能ではないと分かっているし)、「どういう状態になっていて、今後どう治療していくのか」を知りたかったワケなので、それに可能な限り答えてくれる病院がベストだと思うのです。


起こってしまった事に対する後悔は無意味だと思うけれど、今後の対処には後悔せずに責任を持ちたかったので、結果病院を変えました。


リョウタ坊、左手のぐるぐる包帯が痛々しいけど、お薬もちゃんと飲んでくれてるので早く良くなるといいな。


そしてセイたん!頼むから、「セイたんも救急車乗りたーい!」なんて言わないでっ。母ちゃんは2度と乗りたくないのよ(泣)。

ページのトップへ

コメントリスト

気がつかなかった...(T_T)

毎日見ているのにクリスマスの写真のリョウタ坊の手の包帯に気が付かなかった自分にバカバカ!って気分で読んでいます。
大変でしたね、救急車、私も上の子の痙攣でお世話になった事があるのであのドキドキと嫌な汗はわかります。
けれど早めの対応のお陰で助かりましたね、minnekoさんが傍で見守っていたからこそです。(咄嗟の事故は傍にいても防ぎ様が無い...)
手が自由に使えないからご機嫌も悪くなって大変でしょうが頑張って下さいね。
2006/12/26(Tue) | takuママ | URL | 編集

ありがとうございます(泣)。

takuママさん。
ご心配をおかけしました。そしていつも訪問してくださり本当にありがとう!コメントもいっぱいいただいて、ものすごい励みになってます!
takuママさんも、お子さんと乗ったことがあるんですね、救急車...。あの恐怖は経験しないと(すべきじゃないけど!)わからないものですね。
子育てって、スリルがありすぎっ。でもお互い頑張りましょうね!
2006/12/26(Tue) | minneko | URL | 編集

自分はよく、フットサルで怪我して、整形にはお世話になってました。
けっこう整形は先生によってだけど、通っても先生がそのつど診察しない所(看護師が包帯かえるだけとか)は、やめた方がいいよ。 もし最後の方で傷口とかの直りが気になる様だったら、皮膚科で診てもらった方がいいかもね。
 
 でも怪我したときにすぐそばにいてちゃんと対処出来たから、これで済んだんだね。 3人見るの大変だけど、これからも子育てがんばってね! あと就職も。
2006/12/26(Tue) | つか | URL | 編集

うん。頑張るよ。

つかちゃんも、元気にしごとしてる?
っていうか、あなたもケガが多いよね?まだ整体には通ってるのかな。
たまにはウチによって、子どもたちと遊んで行ってよ!
2006/12/28(Thu) | minneko | URL | 編集


コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ