FC2ブログ

わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

3年前の思い出 ~わくわく妊婦時代 7~

2007/06/08Fri 22:48

さあ、いよいよ子供たち登場です!みなさん、準備はいいですかっ?


爽やかに晴れた5月末の朝、麻酔科の先生から説明があり、いよいよ
出産(帝王切開)です。


母と夫に見守られ、いざ手術室へ。


手術室には、先生やら看護婦さんやら、NICUからの保育器やらで大にぎわい!


早速、麻酔をかけられます。


実は、本っ当に臆病な私。麻酔科の先生に、「怖いから全身麻酔にしてくれ」と言ったところ、「子供に影響を及ぼすので」と却下されてしまいました。


でも、「子供を取り出した後は、眠らせてあげるよ」言われ、ちょっぴりホッ。


始めます、の声でカチャカチャ器具の音が聞こえ、何やらお腹をいじくる気配が!(でも麻酔が効いているので痛くない)。


そんな時、教授が、


「第一子、男の子。っと、間違えた」


えええっ!、間違えたあ?


「あー、財産争いとかある?」と聞かれ、「無いです!」と答える私。


どうやら、取り出す子供の順番が違った模様。これがセイたん!


でもこれは事前に説明を受けていました。基本的には下の方にいる子供から取り出しますが、状況によっては、その順番が変わることもある、と。


なので、「取り出しやすいところから、出してやって下さい~」と、お願いする私。


続いて、「第2子、男の子」の声。リョウタ坊、登場~!!


これも想定済み。お腹の下にいた子たちは一卵性だったので、1人が男の子だったらもう1人も男の子。


そしていよいよ、「第三子、女の子!」


えっ?本当ですか?「本当に女の子?」と問うと、「はい、女の子です」と返答が。


ナオ嬢の誕生の瞬間です(笑)!


子供たちは、処置をしてもらった後、一人ひとり、私の枕元まで顔を見せに来てくれました。


不思議だったのは、お腹から一人取り出すごとに軽くなる、ということ。


痛みは全く感じないけど、引っ張る感覚とか軽くなる感覚ははっきりしていました。


そして3人の無事を確認すると、私の意識は夢の中へ...。遠くで赤ちゃんの泣き声を聞きながら、約束通り眠らせてもらいました。


で、次に意識が戻ったのは手術室からの帰り道。


もう、母と夫が脇に付き添っていました。


そして、そこから、なぜかノンストップでしゃべり出す私!


もうね、口が止まらないんですよ、興奮して(笑)。


同室の人がびっくりして、夫と母が「もう黙って!」と言うくらい、しゃべり続けた私...麻酔の所為でしょうか?


とにかく、女の子が一人いたことがとてもうれしかったのを覚えています。


 セイたん : 1008g
リョウタ坊 : 1010g
  ナオ嬢 : 1056g



1000gギリギリのラインですが、こんな感じで子供たちは登場しました。


子供たちは梅雨の間、保育器生活を送り、夏にようやくお家に来ます。


が、それはまた別の機会に...。

ページのトップへ

コメントリスト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/09(Sat) | - | URL | 編集

小さかったんですねぇ

我が家は3人とも1600gでした。
かなり小さかったんですね。
よくがんばりましたね。ママも子どもたちも(パパも←ここが大事)。

順番・・・・我が家も大変だったみたい。
長男と次男は一卵性なので本当は長男→次男→長女の順番なんだけど、なぜか長女が割り込んで、長男→長女→次男の順番になってしまいました。

続編期待しています。
2007/06/09(Sat) | hirarin | URL | 編集

子育てブログランキング

はじめまして、ブログを読ませていただきまして、是非当子育てブログランキングにご登録願いたく思い、書き込ませていただいました。
http://www.yoshincha.com/blog/html/index.html 子育てブログランキング
登録URLは、 http://www.yoshincha.com/blog/html/regist.html となります。
当社では、登録者の中から毎月ランダムに子供服を進呈させていただいております。
当社運営元サイトは、
http://www.yoshincha.com/ 子供服のよしんちゃ
http://www.yoshincha.com/shop/ 子供服のよしんちゃ販売ページ となります。
疑問点などございましたら、こちら rank@yoshincha.com にご連絡いただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

子育てブログランキング
rank@yoshincha.com
http://www.yoshincha.com/blog/html/index.html
2007/06/09(Sat) | 子育てブログランキング | URL | 編集

子供達の大きさが想像出来ない。

1000gの子供達はどんな状態だったのか想像できません。3000gで生まれた赤ちゃんでも小さくてそーっとそーっと触っていました。そしてその当時のminneko一家の皆さんの心労も想像出来ない程だった事でしょう...家族みーんなで頑張ったんですねー。
帝王切開...私もそうでしたf^_^;今も傷をみると拓はここから出て来たのよね~って不思議な気分になります。minnekoさん痛くなかった?私は痛い感じがして(先生が痛く無いはずって言うのよー痛かったんだけど?)とっても苦しかったです~。
女の子がいてすっごく嬉しかったんでしょうねっ、喜びが伝わって来ましたv-206
2007/06/09(Sat) | takuママ | URL | 編集

1000gだったんですか・・・こんなに大きくなって・・・v-206なんだか信じられないですね!!
1人でもきぃーきぃー言ってるママさんたちもたくさんいますけど、ほんとうにすごい!!^^
毎日ブログ楽しみにしています!!
次が待ちきれないです☆
2007/06/09(Sat) | kurumi | URL | 編集

hirarinさん。
1600g!!1000gからみれば確かに大きいですけど、親の立場で考えれば、2500g以下だと心配ですよね。当時NICUには1000g以下の赤ちゃんとかもいて、自分の子供たちそれ以来、同様に「どうかがんばって!」と見守っていたのが思い出されます。
依頼、医学の進歩って凄いなあと、常に感じさせられています。

takuママさん。
1000gって言ったら、もう、あの小さいペットボトルくらいのイメージですよ(笑)。
ホント、よくぞここまで大きくなってくれました、と子供たちに感謝しなくてはならないんですけど...今日も怒ってばかりの母親でした(笑)。
麻酔は、効きやすい人とそうでない人がいるみたいですね。私は暗示にかかりやすいので(笑)、麻酔=痛くない!って信じ切ってましたから...。自然分娩の痛みも解らない私です。「産みの苦しみ」を知らない代わり、「育ての苦しみ」を存分に味わってる最中です!

kurumiさん。
いや~、一人でも三人でも、おとなしくて手のかからない子は存在するんですよ!(笑)。
反対にたとえ一人でも、手に負えないくらいやんちゃな赤ちゃんも存在しますよ!もうね、見ていて気の毒になるくらい...でもそう同情できるのはやっぱり「手のかかるやんちゃな子」を育てた家族だけなんですよ~。
私も以前はスーパーで泣き叫んでる子を見ると、「お母さんは何やってるんだろう?」って思っちゃってましたけど、今、スーパーで泣き叫ぶ子を育ててる私としては、「これは親のチカラではどうにもならない!」と悟りました(笑)。
今度やんちゃなチビちゃんを見かけたら...心の中で母親にエールを送ってあげてください♪
2007/06/10(Sun) | minneko | URL | 編集


コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ