FC2ブログ

わくわく三つ子日記

わくわく三つ子日記
わくわく三つ子日記

おむつの疑問、他

2006/01/10Tue 22:34

立っちができたらパンツ式のおむつ、ってよく言うけどみんなどうやってはかせてるんだろう?


うちも気になったから1パック買って試してみたけど...駄目だった。
説明書きにあるように手をついて立たせてはかせるなんて事、絶対無理。とにかくじっとしていないんだもん。フルチンで走り回って逃げて、捕まえるのが大変だった...。


何かいい方法はないのかな~。




それにおむつ換えの時、よく男の子におしっこひっかけられる。気を抜いてたときに限ってやられるんだよね。
私の愕然とした顔を見てセイたんやリョウタ坊はニヤリと笑ってるし。
私、いじめられてる?


最近、育児でへこんだときに考えるのは18年後の子供たちの様子。
彼女にフラレたセイたんとか、ヤンキーになってるリョウタ坊とか、CanCamを読んでるナオ嬢とか...。


ああ、未来はまだまだ遠いな~。


200512221905000.jpg
お風呂順番待ちのリョウタ坊
ページのトップへ

コメントリスト

パンツタイプのおむつは値段も高いし、今までので困らないなら、ラッキーじゃないの?それとも、パンツタイプで練習した方がいいのかな?私には、分からない事ばかりだよ。誰か教えてくれるといいね。18年後の3つ子達は・・・?小学生位までは、なんとなく想像出来るけど、中学生になるともう分からないな~私も楽しみにしてるよ。
2006/01/11(Wed) | tonton | URL | 編集

問題なし( ^ー゚)b

無理にパンツ式に変えなくても全然OKですよ! minnekoさん家はあんよだから…と以前勘違いしてコメントしたことがありましたがσ(^_^; テープ式で替えさせてくれるなんて、セイちゃんもリョウちゃんもナオちゃんもすごい親孝行だと思います♪ 普通は逆で…大人しく寝てないからテープ式は時間がかかる。だからハイハイ頃からパンツ式に変えてしまう。(追っかけながらでも足を通せるから…。)私は上の子の時はそんな感じでした。%
2006/01/11(Wed) | 4児の母 | URL | 編集

なるほど!子供によって使い分ければいいのね!おむつの値段と相談しつつ、ナオ嬢だけにはパンツ式をはかせてあげようかな~(おむつ替えの時、協力的だから。)
2006/01/11(Wed) | minneko | URL | 編集

毎回楽しく拝見しておりま~す!!
めちゃくちゃかわいいですね~
私のように小学生の母となると羨ましい悩み・・・
オムツも悩んでいるうちにとれちゃいますよ、
ハハハ~
次期に坊ちゃま嬢ちゃまからも
「オニババ!」「ガミガミおばば!」とか・・・言われちゃったり、(私は言われます・・・)
18年後などど言わず、8年後にでも
「あ~あの頃は可愛かったのに・・・」
と思っているはずよ、
私は今度6年になる優衣を英語の塾に入れようと思っていますが、
周りは3教科に行っている子が多いいからどうしようか・・・って、
だんだん、悩みが重くなるのよ~

今のうち、怒って笑って、楽しんでください。
今年も楽しい出来事楽しみにしています。



2006/01/11(Wed) | 優衣茉優のママ | URL | 編集

今の悩みが小さかった、というのは後になって気づくものなんですね...。さらなる試練が待ち構えていると思うと、それだけで痩せそう...(実際は逆ですが。) 
 優衣ちゃんだったら、教科の塾より習い事の方がいいんじゃないですか?勉強の方は自分でちゃんとやれそうだし(うらやましい!)、何か一芸の方がものすごーく秀でる感じがするんですが...。私のイメージでは優衣ちゃんは将来、何代目かのミステリーハンターか歌のお姉さんになってそう。
川崎市民夫妻はどう思われます?
2006/01/12(Thu) | minneko | URL | 編集

先輩ママからのコメントは、説得力ありますね。小さい悩みの時は楽しんじゃえ~ってことだよ、たぶん!(笑)   優衣ちゃんは、塾に行かなくてもいい、と私も思います。しかし、母の立場だと違うんでしょうね?勉強ができても、もっとできるようにと思うのが親なのかも?優衣ちゃんは、たくさん本を読むし、説明も上手、話も出来るから・・・難しい!何でもやれそう。本人はアナウンサーになりたいと聞いたことあるよ。川崎市民夫妻は今夜、優衣ちゃんの将来を話し合います。   川崎市民  妻より
2006/01/12(Thu) | tonton | URL | 編集


コメントフォーム

 (管理者にだけ表示を許可)
ページのトップへ

トラックバック

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ページのトップへ